いわみマネークリニックにようこそ。
お金に関するあなたの夢を支援・あなたの悩みに寄り添う。
当社はそんな会社です。

a0002_008310.jpg

ライフプランが第一位でした。

家計全体の現状把握が何より先決です。

各不安材料を具体的に知る。

相談件数第一位は、やはり今後の家計の収入と支出の推移を見て、今後の教育資金、マイホーム購入資金、セカンドライフの資金が足りるのか足りないのかという全体を見渡して現状を知りたいというご相談。
これには年間の収入と支出の長期シミュレーション(キャッシュフロー表)の作成から入ります。もちろん私もそこから始めることの大切さをお伝えした結果のご賛同でもあります。
ここから個別具体的に問題点の洗い出しと解決に向けてのご提案、ご相談者様の夢の実現に向けて側面支援することがファイナンシャル・プランナーの仕事だと思っております。

bind_82.jpg

教育資金準備と生命保険の見直し    相談が第二位。

この二つはライフプランから密接に関わってきます。

遺族年金との関係も関心が高い。

収入と支出の長期シミュレーション(キャッシュフロー表)を作成した結果、今後貯蓄が積み上がるのか、借り入れが必要なのか?
あるご相談者様は貯蓄が積み上がるので安心だねと。
お子さんが大学に行く時期が重なるため、借り入れが必用になる方。
これに備えるのは財形がいいのか?学資保険がいいのか?そもそも家計の見直しでもっと貯蓄をしたほうがいいのか?ご相談者様のお考えを最大限尊重してアドバイスさせて頂きました。奨学金などの選択肢もお考えが様々でした。
また生命保険はほとんどの方が加入しているが、満足度が低く家計と相談しながら見直しの提案をさせていただきました。特に遺族年金を考慮せずに加入している家計は大幅な保険料の削減ができたり、古いタイプの保険は今の医療制度に合う保険で安価なものに変更されるケースもありました。このあたりは家計のスリム化にとても有効でした。

busi_010.jpg

資産運用相談が第三位。

NISAが始まり注目度が上昇。

それでも悩みはいろいろでした。

貯蓄から投資への流れを加速させる機会となったNISA、こどもNISAも創設となりますます注目度が高く相談ランキング三位にランクイン。
預金金利が低いのでNISAを活用して投資してみたい、金融機関から勧められるままに買ったけど本当に良いものか第三者の意見が欲しい、証券会社で数年取引したけど分配金含めも儲かっているのか分からないし今後どうしたらいいか分からないので分析して欲しい、日本のクレジットリスクを考慮して現物資産や海外の外国預金口座を開きたい方など。運用を始めたい方、もう懲り懲りなのでやめたいという方それぞれに寄り添い方針を決めていきました。

mi_005.jpg

第四位は住宅含めた不動産。

マイホームは持ちたいけれど。

税金や金利では追い風。

夢のマイホーム、ライフプランの現状分析をした結果、今後の予定として土地と住宅の新規購入を検討される方、モデルハウスを検討される方、資金的な面で中古住宅のリノベーションをご検討される方などこれも様々。
住宅取得資金贈与の非課税枠も拡大延長され、また住宅ローン減税、借入金利の歴史的な低金利など一部追い風もあり、やはり自宅を持ちたい方が多数。
あとは相続などを見越して小規模宅地等の特例の利用を考える方、貸宅地の評価減や賃貸派のご相談者様からは退去時の原状回復についての不安も、国土交通省のガイドラインなどこのあたりはかなり汎用的になっています。

in_017.jpg

贈与と相続関連が第五位。

一括贈与の優遇税制が寄与。

ライフプランの終盤に慌てないために。

孫、親、祖父母それぞれの立場でメリットデメリットの検討が必要でした。
税金面は教育、結婚・出産・育児、住宅など幅広く一括贈与枠の拡大と期間の延長があり、これまでは考えられなかったお金の使い方が可能になりました。また相続税の補完と言う贈与制度を利用させることで、相続財産の圧縮と現役世代へ多額のお金の移動が可能に。
事業用定期借地権の公正証書の作成前のご相談や特別縁故者の相続財産分与請求などにも微力ながら携わらせて頂きました。
子供への保険料を贈与したら最終的に贈与税はどうなるか、生命保険での非課税枠の利用希望など相続対策もそれぞれの立場の方に寄り添いアドバイスさせていただきました。